2013 Exhibition "Imaginary Space Laboratory"
2013年個展「仮想空間実験室」
box-40px.png

130610-fish-soluble1.jpg

Soluble Fish 溶ける魚 1,2,3
written by Andre Breton アンドレ・ブルトン 著

This is a series of paintings inspired by 'Soluble Fish' by French Surrealist Andre Breton. Rather than to explain the story itself faithfully, I enjoyed to extract the essence of his 'Surrealistic spirit' like collage, combination of nonsense texts, or the experimental motives.

130610-fish-soluble2.jpg

130610-fish-soluble3.jpg



「シュルレアリスム宣言」を書いたアンドレ・ブルトンの実験的な短編小説『溶ける魚』を題材に、3枚のシリーズ作品を描きました。小説を忠実に再現したというより、シュルレアリスムの持つナンセンスな空気感やちぐはぐなコラージュを取り入れました。




130610-library-of-babel.jpg

The Library of Babel バベルの図書館
written by J.L. Borges J.L. ボルヘス 著

I painted this work with a lot of inspiration from a short story by Borges, although I interpreted t it not very faithfully. It's the dialogue between 'the librarians' and 'the great knowledge (the balance of universe)

ボルヘスの短編小説からヒントを得て描きました。物語を忠実に描写したものではありませんが、中に登場する図書館の「司書」たちと「大いなる知恵(宇宙の均衡)」をイメージしました。

130610-orbis-tertius.jpgTlon, Uqbar, Orbis Tertius
トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス
written by J.L. Borges
J.L. ボルヘス 著

I painted it by getting inspiration from a mysterious short story by Borges. He tried to create a new imaginary space which has completely different grammatical order in their language. Quite confusing rules they have, but work so interesting.

「書物の中で、全く別の言語秩序を持った宇宙の枠組を示す」ことを試みた不思議な短編小説です。読んでいると私も頭がこんがらがるのですが、それがまた心地よかったりします。




ayukotanaka-guskobudori-all.jpg

A Biology of Guskobudori グスコーブドリの伝記 1,2
written by Kenji Miyazawa 宮澤賢治 著

This is a pair of works which was inspired by a story called 'Biography of Guskobudori' by a famous Japanese children's stories author Kenji Miyazawa. The main theme of this story is 'Joy of learning something new' and 'the unify between science and nature'. The other aspect of this story is 'Self-sacrifice', but it is not a very important point for me.

昨年12月の「宮澤賢治装丁展」に出品した2枚対になった作品です。「献身の美徳」がよく取り上げられる物語ですが、私が気に入っているのは「科学と自然の融合」や「学問の喜び」を謳っているところです。



130610-vacuum-solvent2.jpgVacuum Solvent
真空溶媒 1,2
written by Kenji Miyazawa 
宮澤賢治 著

Those two paintings are inspired from a poem called 'Vacuum Solvent' by Kenji Miyazawa (In 'Spring and Asura'). I described the actual characters, and also picked up some of the items for chemistry from the poem.

宮澤賢治の詩集「春と修羅」にある詩の一編です。牧師や紳士などの登場人物や、「真空溶媒」という言葉から連想した化学的なイメージを絵の中にちりばめました。


130610-vacuum-solvent1.jpg




130610-pollanno-square2.jpgPollanno Square
ポラーノの広場 1,2,3
written by Kenji Miyazawa 
宮澤賢治 著

Those three paintings are also inspired by another story of Kenji Miyazawa. The story is about a secret, mysterious square in a wood called 'Pollanno Square'.
(left)The main character Kust and inside of the natural history museum where Kust is working.

宮澤賢治の長編小説「ポラーノの広場」よりイメージを得て描いた3枚の連作です。ミステリアスな「広場」を巡って繰り広げられるファンタジックな物語。
(左)主人公のキューストと、彼が働く自然科学博物館の様子。

(Right) The landscape of Morrio city and a part of the natural history museum.

(右)モリーオ市の風景と主人公の自然科学博物館の建物の続き。

130610-pollanno-square1.jpg

130610-pollanno-square3.jpg

(Left) The scene of the duel between Fazero and professor Wild-Cat in Pollanno Square.

(左)ポラーノの広場(厳密にはここがポラーノの広場ではないのですが)での山猫博士とファゼーロの決闘のシーン。



130610-imaginary-space-labo1.jpgImaginary Spaces Laboratory
仮想空間実験室 1,2

Those are the experimental collage works. The main motif is the historical European story called 'Tower of Babel', which is the symbol of human languages. I tried to combine some texts and experimental tools and devices.

自由なコラージュワークの延長で制作した2点のシリーズ。言語の力と、それが引き起こす混乱を描いた伝説「バベルの塔」をモチーフに、ランダムな言葉のコラージュや実験道具などをちりばめました。

130610-imaginary-space-labo2.jpg

130610-spaceimaginary-chemist.jpgImaginary Spaces Chemist
仮想空間化学者

He is a great chemist who is preoccupied to study about 'Imaginary Spaces' day and night. But one day, he noticed that his body itself is changing into a imaginary space...

彼は「仮想空間」の実現を目指し、研究に没頭する化学者。ある日、自分の体が仮想空間と化していることに気づき…。



130610-tractatus.jpgTRACTATUS LOGICO-PHILOSOPHICUS
論理哲学論考
written by Ludwig Wittgenstein
L.ヴィトゲンシュタイン 著

「言語の限界は世界の限界である」。ヴィトゲンシュタインが「論理哲学論考」の中に記した一言が、今回の個展のコンセプトそのものだと言えます。言い換えれば、言語で示せる限り世界は無限に広がる可能性を持っているということ。言葉は力なのです。

'The limits of my language mean the limits of my world.' It's a famous sentence that Wittgenstein described in his first book ' TRACTATUS LOGICO-PHILOSOPHICUS', and this is the main concept of this exhibition. In the other words, the world can expand limitlessly depending on our vocabulary.



130610-Tamayo-dream.jpg

The Dream of R. Tamayo タマヨの夢

この展覧会で唯一の油彩作品です。誰かのテキストを素地にせず、単に自分の頭に浮かんだ一場面を漠然と絵にしたものです。ルイス・バラガンやルフィーノ・タマヨなど、「メキシコ的な」イメージを連想しながら描きました。

It is the painting that I just described ambiguous image in my head, so it is like my dream. A Mexican famous architect Luis Baragan and a painter Lufino Tamayo gave a lot of inspiration to finish this oil painting.



Time Machine タイムマシン
written by H.G. Wells H.G.ウエルズ 著


130610-cristal-egg.jpg

130610-timemachine.jpg

The Cristal Egg 水晶の卵
written by H.G. Wells H.G.ウエルズ 著



librarian1.jpgLibrarian 1 司書
『バベルの図書館 -The Library of Babel』より

初めての立体作品です。立体にはずっと興味があったのですが、基礎もないし、敷居が高いと敬遠していました。でも、自分に限界を設けても仕方ない!と思って挑戦。とても楽しかったです。銅板、紙粘土、小物(ガラス瓶、鳥の羽根)。

Librarian 2 司書
『論理哲学論考 - Tractatus Logico-Philosophicus』より



librarian3.jpg

librarian2.jpg

Librarian 3 司書
『論理哲学論考 - Tractatus Logico-Philosophicus』より





knight-ph.jpgThe Nonexistent Knight 不在の騎士
by Italo Calvino イタロ・カルヴィーノ著


130610-shikou-cover.psd

これからの思考の教科書
written by Joh Sakai
酒井穣 著

2013. 6.10 - 6.15 個展 
'Imaginary Spaces Laboratory' 仮想空間実験室

in Gallery House MAYA / Tokyo(ギャラリーハウスマヤ・青山/東京)

言葉の力には、いつも驚嘆させられます。
ヴィトゲンシュタインが「言語の限界が世界の限界である」と言ったように、言葉は宇宙を形成する力を持ちます。人間の想像力が言葉の形を取ると、それらは浮遊し、ぶつかり合い、重なり合い、様々な化学反応を起こしながら、ビッグバンのように限りなくその空間を広げていきます。「物語=フィクション」は、現実とは別の宇宙が確かに存在することを、私たちに示してくれます。

変容と創造を繰り返す「言葉」に喚起されたイメージをグラフィカルに表現し、人間の想像力の素晴らしさ、可能性の大きさを示すことが、過去から未来に渡っての私の制作テーマです。

今回は、数ある文学作品の中から、言葉による「化学反応」を楽しんでいた作家たちーボルヘス、ブレトン、宮澤賢治などーの詩や物語を題材として選びました。私という小さな実験室の中で、それら偉大な作家たちの生み出した言葉の数々がどんな化学反応を引き起こすか、楽しみつつ観察してみたいと思います。


INDEX

130610-fish-soluble1.jpg130610-fish-soluble1.jpgo130610-orbis-tertius.jpg130610-orbis-tertius.jpgo130610-pollanno-square1.jpg130610-pollanno-square1.jpgo130610-imaginary-space-labo2.jpg130610-imaginary-space-labo2.jpgo130610-cristal-egg.jpg130610-cristal-egg.jpgolibrarian3.jpglibrarian3.jpgo

130610-fish-soluble2.jpg130610-fish-soluble2.jpgo130610-guskobudori1000px.jpg130610-guskobudori1000px.jpgo130610-pollanno-square2.jpg130610-pollanno-square2.jpgo130610-spaceimaginary-chemist.jpg130610-spaceimaginary-chemist.jpgo130610-timemachine.jpg130610-timemachine.jpgoknight-ph.jpgknight-ph.jpgo

130610-fish-soluble3.jpg130610-fish-soluble3.jpgo130610-vacuum-solvent2.jpg130610-vacuum-solvent2.jpgo130610-pollanno-square3.jpg130610-pollanno-square3.jpgo130610-tractatus.jpg130610-tractatus.jpgolibrarian1.jpglibrarian1.jpgo130610-shikou-cover.jpg130610-shikou-cover.jpgo

130610-library-of-babel.jpg130610-library-of-babel.jpgo130610-vacuum-solvent1.jpg130610-vacuum-solvent1.jpgo130610-imaginary-space-labo1.jpg130610-imaginary-space-labo1.jpgo130610-Tamayo-dream.jpg130610-Tamayo-dream.jpgolibrarian2.jpglibrarian2.jpgo

ページの先頭へ